佐賀県職業能力開発協会 (Saga Vocational Ability Development Association)






目的の項目をクリックするとジャンプします。

   1.試験概要

   2.試験科目

   3.受験資格

   4.受験手数料・受験の申請方法

   5.試験スケジュール

   6.試験会場

   7.試験の実施部門及び等級

    8.試験問題を公開

   9.受験対策解説集のご紹介



1.試験概要
試験は、建築部門と機械部門に分類し実施します。

等級は、建築および機械部門ともそれぞれ上級、中級、初級に区分します。

試験は、実技試験と学科試験の総合評価により行います。合格は、配点の70%以上です。
実技試験は、CADを使用して図面を描き、解答データをフロッピーディスクに保存するとともに、指定の用紙を使ってプリントアウトし実際のCADトレース技能を評価する試験です。
学科試験は、製図一般、各部門に関する基礎及び関係法規、CADアプリケーションソフトの活用、CADシステムの活用等について問う試験です。


各部門の試験内容は、次のようになっています。

試験区分  試験時間 等級  内       容



実技試験 120分 上級 CADを使用して、尺度「1:1」の正投影図で示された可動部のある「組立図」及び「複数の部品図」をもとに、尺度「1:1」でトレースを行う。また、「仕様変更」による「公式等」に基づく作図及び寸法記入、並びに「組立図」と「部品図」との相互判断による未完成部の作図を行う。
90分 中級 CADを使用して、尺度「1:1」の正投影図で示された可動部のある「組立図」及び「完成した複数の部品図」をもとに、尺度「1:1」でトレースを行う。また、「組立図」については、可動部における指定状態の作図及び寸法記入を行う。
60分 初級 CADを使用して、尺度「1:1」の正投影図で示された「関連性のある2つの完成した部品図」をもとに、尺度「1:1」でトレースを行う。
学科試験 40分 上級 4肢択一方式(30題)
40分 中級 真偽方式(22題)と4肢択一方式(8題)
40分 初級 真偽方式(30題)



実技試験 120分 上級 CADを使用して、RC構造の建物における1エリアを対象とし、尺度「1:50」の「平面図」及び「仕上表・建具表」をもとに、尺度「1:30」の「平面詳細図」を作成する。また、作成に当たっては、尺度に応じた「オブジェクト(柱、壁、建具等)」の描画、「下地・壁」等の仕上げ方法の表記を行う。
90分 中級 CADを使用して、一戸建ての専用住宅を除くRC構造の特殊建築物を対象とし、尺度「1:100」で示された、「平面図」及び「立体図(その1)」をもとに、尺度「1:100」でトレースを行う。また、「平面図」及び「立体図(その1)」をもとに、指定方向からの「立体図(その2)」の描画等を行う。
60分 初級 CADを使用して、一戸建ての専用住宅を除くRC構造の特殊建築物を対象とし、尺度「1:100」で示された「平面図」をもとに、尺度「1:100」でトレースを行う。
学科試験 40分 上級 4肢択一方式(30題)
40分 中級 真偽方式(22題)と4肢択一方式(8題)
40分 初級 真偽方式(30題)

▲このページのトップへ




2.試験科目


試験区分 試験科目
実技試験 CADソフトの活用によるトレース
学科試験 製図一般、CAD製図、CADシステム

なお、各部門の試験科目の詳細は、当協会(Tel.0952-24-6408)にお問い合わせ下さい。


▲このページのトップへ




3.受験資格

この試験を受験するためには、各部門と共に次のいずれかの資格が必要です。

等級 受  験  資  格
上級
同一部門の中級技能審査に合格した後、CADトレースに関する6ヶ月以上の実務経験を有 する者
CADトレースに関する2年以上の実務経験を有する者
同一部門の初級技能審査に合格した後、CADトレースに関する6ヶ月以上の実務経験を有 する者
中級
CADトレースに関する6ヶ月以上の実務経験を有する者
中央協会会長が指定する教育訓練施設において3ヶ月(総教育訓練時間がおおむね300 時間)以上の教育訓練課程を修了または終了見込みの者
学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期課程、専修学校においてCADトレースに関する学科に在学している方
CADトレースに関し、職業能力促進法の規定に基づく職業訓練を終了又は受けている方
初級
CADトレースに関する業務に従事している者、又は予定が見込まれる者

▲このページのトップへ




4.受験手数料・受験の申請方法

 受験申請書に必要事項をすべて記入し、当協会の場度口に手数料を添えて提出してください。 その際に、受験資格の有無を審査します。

 ※平成26年度から受験手数料が下記のとおりになります。
等 級 実技と学科試験両方
を受検する方
実技試験もしくは学科試験のいずれかに合格された方
実技試験のみ受検する場合 学科試験のみ受検する場合
上級 15,430円 13,370円 2,060円
中級 13,370円 11,310円 2,060円
初級 10,290円 8,230円 2,060円

初めて受検される方は実技試験及び学科試験の両方を受検して下さい。
  詳しくは佐賀県職業能力開発協会にお問い合わせ下さい.。


▲このページのトップへ




5.試験スケジュール


毎年4月上旬に、佐賀県職業能力開発協会又は、各認定施設にて
実施日程を公表します。
5月〜翌年3月までの期間で認定施設により異なります。
試験には、認定施設の在籍者並びに修了者を対象とする認定施設試験があります。

区 分 前   期 後   期
受験申請受付期間 平成29年6月19日(月)
     〜6月30日(金)
平成29年11月20日(月)
     〜12月1日(金)
「試験問題概要」のHP掲載 平成29年6月下旬 平成29年11月下旬
「受験票」の送付 試験実施日の概ね3週間前
事前練習日 試験実施日の概ね1〜2週間前の1日(一般受験者の方のみ)
試 験 実 施 日 機械
部門
平成29年
 9月9日(土)
※初級・中級・上級
建築
部門
平成30年
 2月10日(土)
※初級・中級
建築
部門
平成28年
 9月10(日)
※初級・中級・上級
機械
部門
平成30年
 2月11日(日)
※初級・中級
合 格 発 表 平成29年10月31日(火) 平成30年3月26日(月)

注) 1. 試験は、同一日に実技試験及び学科試験を実施します
2. 上級については、機械部門・建築部門とも前期のみの実施となります
3. 印の「事前練習日」について
一般受験者の方(「都道府県職業能力開発協会が指定した教育訓練施設等の在学生」以外の方)を対象として、実技試験で使用するCADシステムの動作環境等を確認していただくための事前練習日を設定しています。詳しくは、最寄の都道府県職業能力開発協会にお問い合わせ下さい。

▲このページのトップへ




6.試験会場


@佐賀県立佐賀工業高等学校
A(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 佐賀職業能力開発促進センター
  B佐賀県立産業技術学院
  C佐賀県立唐津工業高等学校
   

試験会場ごとのハードウェア及びソフトウェアの詳細は、受験申請日まで分かりません。又、ハードウェア及びソフトウェアが希望するものであっても、試験会場の設備数が限定されている関係から、受験をお断りする場合があります。


▲このページのトップへ




7.試験の実施部門及び等級


  合格者の称号は、次のようになります

部門名 等級区分 合格の称号者
機械部門 上級・中級・初級 上級CADトレース技師 
中級CADトレース技師
初級CADトレース技師 
建築部門 上級・中級・初級

合否の結果は、受験者全員に通知いたします。
合格証書は、中央職業能力開発協会会長及び都道府県職業能力開発協会会長の連名により交付いたします。

▲このページのトップへ


8.試験問題を公開

 実際に出題された実技試験の問題を、中央職業開発協会のホームページからダウンロードできます。

 ※詳しくはこちら



9.受験対策解説集のご紹介

『CADトレース技能審査試験問題集』

(掲載内容) ・CADトレース技能審査の紹介

         ・試験の概要

         ・実技試験と正解例及び学科とその正解・解説


                 LINK:中央協会HP


▲このページのトップへ




  

Homeへ